やや中途半端

今日の仙台は、午前中は青空にうろこ雲が清々しい秋晴れだったが、昼前から雲が多くなり、午後3時半からの練習が始まる少し前には、ついに雨が降り出した。初戦後、初めてグラウンド練習を見に行けるというのに、今週ずっと晴れていたことを考えると、どうやら雨男は私らしい…!?

雨は通り雨ですぐに上がったが、練習中もほんの僅かだが小雨がぱらついた。9月も中旬になると雨が冷たい。が、今日からややキツめの練習メニューを組んでいたので、むしろ涼しくて良かったかもしれない。

一昨日までの練習で、やや雰囲気の良くない練習が続いていたようだったが、練習メニューの詳細をハッキリ指示しなかった私の責任もあったと反省し、今日はより具体的に指示してから練習に臨んだ。

まぁ、コワい頑固オヤジ(=私)がグラウンドに来たので、今日は雰囲気がそう乱れることなく、やや長めのハードなメニューだったが、みんなで元気に声を掛け合いながら取り組んでいた。そこそこ集中力もあって良いプレーもたくさんあったが、気を抜いたために起こるような単純なミスも時折あって、やや中途半端な感じもしてしまった。

今日のドリルでは、先日の試合で上手くできなかったプレーを調整することと、次の試合で必要な新たなプレーの導入に時間を費やした。ゲインしてもタッチダウンできないという得点力の低さは、早く改善しなければならないKayaksのウィークポイントだ。次の試合で得点するために今日導入したプレーは、単純なアサイメントながら効果的にゲインでき、特に得点圏内で有効なプレーだ。実は以前からあるプレーを組み合わせただけなので、みんなすぐにできるようになった。明日以降もドリルで磨きをかけ、本番に備えよう。

今日最も良かったのはキックオフリターンだ。まともにナマでキッキングゲームをやる機会というのは、夏合宿でのスクリメージ以降一度も無く、それで初戦に臨んだので全くできていなかった。今日は足もよく動いていて、これまでにないぐらい良い出来。キッキングゲームは非常に重要で、Kayaksが初戦を勝利したのも、あの自陣ゴール前でのパントをミス無く蹴れたことが最も大きな要因だったと思えるほど。キックオフリターンは他に比べてやや見劣りしていたのだが、今日の出来を見て私も選手も大いに自信を深めた。

ラストメニューは気が遠くなるほど心地良い50ヤードクイック10本。いわゆるウィンドスプリントと呼ばれる種類のランメニューだ。戸隠高原の薄い空気に比べればタップリの酸素が体に優しいが、走ってる間はそんなこと感じられないほどキツくて苦しい。初戦で8シーズンぶりの公式戦勝利をあげたぐらいで、勢いに乗るどころか頭デッカチになっていい気になりそうなKayaksには、こんな気合い入れないと走れないようなメニューが相応しい。

今日はコーチの他にOBも2人来てくれた。スタイルしてドリルに加わってくれて、良い練習台になってくれた。彼らの支えがあって初めて、Kayaksは次の試合に臨めるのだということを部員たちにはしっかりと覚えておいて欲しい。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version