対北里大学戦

20080907202742今シーズンのKayaksの初戦、対北里大学獣医学部カウボーイズ戦が青葉山グラウンドで14時から行われ、我がKayaksが14-3で勝利した!

今日の仙台は朝から曇り空で、昼頃までは時折小雨が降るような、穏やかで少し蒸し暑い空模様だった。しかし、さすが「青葉山」グラウンド。山の天気は変わりやすいというが、私たちの試合中は、晴れて青空が出たかと思ったら小雨が降り、上がったかと思うと土砂降りの雨。そしてまた青空と、めまぐるしく天候が変わり続けた。

今日のKayaksはよく落ち着いていて、焦ることなく、試合前から粛々と準備を進めていた。見ていて、実に頼もしい。グラウンドコンディションの悪さが少々気になったが、条件は相手も同じ。落ち着いて体をほぐし、足場をしっかりと確認しながら試合前の練習を終えた。木曜と土曜にこの練習メニューは確認しているので、全く違和感は無い。実に機能的で、無駄のない動きをしていた。

試合はKayaksのキックオフで始まった。
今シーズン、新たに東北学生リーグに加わった北里大学獣医学部カウボーイズは、これまで青森県内でリーグ戦を戦ってきており、この春には東北学生リーグ1部の弘前大学とオープン戦を戦うような実力を持ったチームだ。選手数はKayaksとあまり変わらないが、ラインメンが両面(攻守兼任)でないという、実に羨ましい布陣。ディフェンスはアグレッシブで、オフェンスはプロIからオーソドックスなランプレーを展開してくる。

前半は一進一退の攻防。いや、むしろ、Kayaksの方が押していたかもしれない。しかし、オフェンスのつまらないファウルやミスで自滅し、なかなか得点に結びつかない。一方、ディフェンスは徐々に調子に乗り、ディフェンスでつかみかけたモメンタムをオフェンスで手放す…というような展開がしばらく続いた。

案の定の我慢合戦。
我慢合戦では負けるな!と檄を飛ばして後半戦に臨んだのだが、大事なところでエクスチェンジミスやファウルを犯してしまう。オフェンスが北里大に良いフィールドポジションでボールを与えてしまい、これを慎重にゲインした北里大に、ついに第3クォーター、フィールドゴールでの得点を与えてしまう。

しかし、ここでタッチダウンを与えなかったKayaksディフェンスは素晴らしい。
実は、我慢合戦では確実に我がKayaksが優っていたのだ。僅か3点に抑えたディフェンスもそうだが、オフェンスも全く、ほんの僅かも、諦めてなんかいなかった。むしろ、フィールドゴールを決めてもらって、キックオフリターン後の良いフィールドポジションからオフェンスを再開できることを喜んだぐらいだ。

これは、昨シーズンまでのKayaksには無かったこと。昨シーズンまではミスが続いただけで諦めてしまっていた。今シーズンのKayaksはそんなことでは諦めない。それだけの練習を積み重ねてきたのだ。

第4クォーターに入り、試合が続行できるのか?と思えるほどの土砂降りが降り出したが、それでもKayaksの部員たちは、選手もマネージャーも誰ひとり動じない。同じような状況の中、夏合宿で関東学生2部のチームと互角に戦ってきたのだから。むしろ、上り調子でオフェンス陣も奮起し、ついにタッチダウンを奪って我慢合戦の苦しい試合に決着をつけた。14-3。Kayaksは、初戦を勝利で飾ることができた。

北里大学獣医学部カウボーイズは良いチームだった。QB、TE、RBはサイズもあり、特にRBのインサイドアタックは驚異だった。ディフェンスのペネトレートも力強く、だいぶやられてしまった。グラウンドコンディションが良かったら、また違った展開になっていたことだろう。

たくさんのOB/OG、部員のご家族、Kayaksファンの方々に、悪天候にも関わらずグラウンドでご声援いただいた。あまり多くの方とお話しできず、大変失礼しました。この場を借りて御礼申し上げます。ご声援ありがとうございました。


Kayaksと私にとって、実に8シーズンぶりの公式戦勝利。
正式な記録ではないが(私の手帳によると)、2,884日ぶりの公式戦勝利だ。


  • k_sone の公開ギャラリー …北里大学戦の様子を公開しています。

  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version