合宿4日目(最終日)

Kayaksが戸隠に来てから、毎日1度は必ず雨が降る。誰が雨男(雨女?)かはわからないが、昨日の午後のような土砂降りでなければ、むしろ山ごもりらしくていいのかも!? 昨夜のミーティングを終えたのは午前0時過ぎだったが、夜中も雨は本降りだった。「また朝には晴れてるんだろうな」と覚悟して寝たが、今朝は霧雨が残っていて散歩は中止。朝食までノンビリすることができた。

さて、今日は夏合宿の練習最終日。午前中は昨夜のミーティングで打ち合わせたとおり、スペシャルチームの確認に長く時間を費やした。当初の計画では、この4日間でじっくりとキッキングゲームを煮詰めていく予定だったが、他校とのスクリメージの関係で慌てて仕上げてしまっていた。合宿後、リーグ戦初戦までにプレーを完成させるためにも、この合宿でしっかりした土台を作る必要がある。

キックオフリターン、ラッシュ、パント、フィールドゴールとアサイメントを確認していき、長い距離を走るメニューなので交代選手を入れながら、繰り返し反復した。若干の修正を加え、これから煮詰めていくための土台作りはどうにかできたと思う。

午後は、攻守それぞれ昨日までの練習やスクリメージであやふやだったポイントを整理することに時間を費やした。あまり長い時間を割くことができなかったが、昨夜のミーティングで打ち合わせたほか、お昼休みに選手たちが率先して確認しあったようで、非常にスムーズに、短い時間で終えることができた。

今日のラストメニューはインターバルダッシュ。例によっていつもの半分の距離を走ったが、午後の練習グラウンドは少し下ったところにあるせいか、それほど息苦しさを感じない(…という思い込みが大事!?)。しかも、今日は練習メニューの負荷を下げていたので、選手たちは走り終えても元気いっぱいの様子。ひと息ついたところで、恒例の「合宿ラストメニュー」を行った。

初めて経験する1年生も、既に経験済みの上級生も、みんな一所懸命に合宿のラストメニューに取り組んでいた。負傷等で残念ながら練習を休んでいる仲間の分もメニューをこなし、互いに声を掛けて励ましあい、マネージャーも声援を送って、部員全員で合宿を打ち上げることができた。

選手たちは今、少なからず「達成感」を感じていることだろうが、合宿を終えても、「勝つ」という今年のチーム目標を達成したことにはならない。リーグ戦で勝つというのは、そんなに簡単なことではない。本当に厳しい練習をしなければならないのは、これからだ。気を引き締めていこう。

  • k_sone の公開ギャラリー » 夏合宿4日目
  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version