セローム

セローム(大)フィロデンドロン・セロームは、太い幹と葉が落ちた後の模様、それと気根が印象的な植物である。2003年4月29日に購入した。生長が遅い種類と聞いていたが、確かに背は伸びないが葉は比較的次々と出てくる。幼葉には切れ込みがないが、新しく出てくる葉には徐々に深く切れ込みが入ってくる。

学名 Philodendron bipinnatifidum (=P.selloum)
和名 ヒトデカズラ
通称名 セローム
科名 サトイモ科
属名 フィロデンドロン属

セローム(小)雰囲気がたいへん気に入って同年7月20日にもう一鉢手に入れた(下の写真)。
実はどちらもほぼ同じ大きさで売られていたのだが、先に買った方は毎年少しずつ大き目の鉢に植え替えし、後に買った方は同じ鉢に入れて育てている。大きい方は特に多肥にしてしまったせいか草姿が乱れ気味だが、ほぼ同じ時期に購入したにもかかわらず、これほど葉の大きさに差がでるというのも面白い。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version