スクリメージ(対仙台大学)

今日は仙台大学シルバーファルコンズとスクリメージを行った。場所は仙台大学の人工芝グラウンド。小雨が降る中、前半は攻守交替無し、後半はパント選択で自動的に30ヤード前進するターンオーバー有りで行った。

仙台大学は今年も一部リーグの優勝候補で、スピード、パワー共にリーグ屈指の戦力を誇る。また、戦略・戦術的には明らかにリーグトップで、Kayaksにとっては今シーズンのリーグ戦で想定しうるあらゆる状況を体験できる機会としてこのスクリメージを位置づけ、少しでも一矢報いることができれば、と思っていたのだが…。

結果から言うと、正確な失点数を忘れるほどの大敗だったのだが、それよりも内容の悪さが目立ってしまって、これまでの春の練習を締めくくるはずだった今日のスクリメージが、これまでの積み重ねを台無しにしてしまったようにすら感じた。

上手く言い表すことができないが、モチベーションが低いというか覇気が無いというか、大物を一発食ってやろうという意気込みなど全く感じられない。北海学園戦のあと、仕事で全く練習を見れなかった私自身の勘違いかもしれないが、あの学園戦に比べたら、100点満点で30点ぐらいの出来だった。

昨日の合同練習もあまりいい内容ではなかったようなので、監督として何とか立て直して明日からの試験休みに入りたかったのだが、今日はさらに残念な内容だった。むしろ、聞いたところによると昨日までは雰囲気は悪くなかったとのこと。私が気負ったために全体の雰囲気を悪くしてしまったということか?!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version