せんだいグリーンボウル

今日の仙台は汗ばむぐらいの陽気に恵まれ、ボウルゲームに相応しい最高のコンディションだった。

試合に先がけ、ボウルゲームらしく選手入場の儀式が行われたのだが、社会人オールスターが無難に入場したのに対し、我が学生オールスターは間が悪いというかダラダラとした雰囲気が漂う。不慣れと言ってしまえばそれまでだが、実はこうしたところに「センス」の善し悪しが表れてくるものなのだ。

さて、試合の内容だが、はっきり言ってオフェンスの力不足がハッキリ表れた展開だった。プレーコールを担当した私をはじめ、コーチングスタッフが選手たちの持ち味を引き出すことができず、消極的な展開に終始してしまったことは否めないが、選手たちも持てる力を出し尽くしたとは決して言えない内容だったと思う。

ディフェンスチームはよく頑張った。再三にわたるピンチも素晴らしい気迫で乗り越え、経験で遙かに上回る社会人オールスター相手に、僅か9点という失点に抑えたのは賞賛に値しよう。やや時間を食われたのは残念だったが、相対的には素晴らしいディフェンスだった。

オフェンスのメンバーも不甲斐なかった訳ではない。私の力不足で「攻め」のオフェンスができず、得点するオフェンスではなく、失点しないオフェンスに終始してしまった。おそらく選手たちはフラストレーションの溜まる試合展開だったろうが、すべて私が悪いので勘弁して欲しい。

オールスターとは言え、各チームの事情により必ずしもベストプレーヤーが集まった訳ではないだろう。しかし、2回の合同練習と今日の試合を通じて、何かしらフットボールの重要な一面を身に付け、各自チームに持ち帰ってくれれば嬉しいのだが…。

今日は職場の後輩が試合を観戦してくれたとのこと。フットボールのレベルから言えば、あまり高くないレベルの内容だったが、それでもヘルメットがぶつかる音やスピード感に感動してくれていた。そう、アメリカンフットボールはナマで見れば最高にエキサイティングなスポーツなのだ。食わず嫌いの皆さんにも、是非一度味わっていただきたい。きっとヤミツキになりますよ!?
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version