どうもピリッとしない

対北海学園大学定期戦まであと1週間。グラウンドでの練習は今日と来週の水曜・木曜の3回だけ。木曜は午後の練習で私は仕事中のため、私が見れるのは今日と夜練習の水曜だけだ。

さて、今日はいつもどおりファンダメンタルメニューを行い、パートとチームドリルでプレーの確認をする予定だったが、どうも練習開始当初からピリッとしない。ファンダメンタルのミニハードルやスクエアアジリティでミスを連発し、パート中もあまり声を掛け合うことなく、迫力が全く感じられない。1、2年生中心の若いチームだから試合1週間前にどんな精神状態で練習に臨むべきかよくわからないのかもしれないが、それでも元気が無さ過ぎ。声ぐらい出せるはずだ。

チームドリルでも凡ミスを連発し、時間ばかりかかってしまう。ミスというか動きがバラバラで、ユニットとして機能していない。ボールを前進させるための手段をみんなバラバラに思い描いているかのようだ。おそらく1年生がポジションに入り、微妙なズレが生じてそれがどんどん大きくなってしまったのだろう。2、3年生に対してもミーティングで確認したことを再度伝えなければならないほど、チームは混乱してしまっていた。

3時間以上の練習になってしまったが、どうにか修正するきっかけはつかめたようだ。やっているプレーが単純なだけに、狂い出すのも早いが修正も容易だ。こうした利点を最大限に生かして、単純なプレーで最大限の効果を上げられるよう注意深く教えていこう。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version