ゴールデンウィークも過ぎ、

ゴールデンウィークも過ぎ、いよいよ具体的に春のオープン戦から秋のリーグ戦に向けて必要な個人スキルを習得する『プレシーズン(専門準備期)』に入った。全体の練習メニューに大きな変更は無いが、パート練習やドリルがより限定的というか、1人1人が決してごまかしたり甘えたりできないような内容になっている。

今日は怪我で休んでいる選手も何人かいて、特にラインのパートは選手が1人しかいなかったので1年生と合同でファンダメンタルを繰り返し反復した。1年生はアスリート揃いで、まだ練習し始めて2~3週間程度なのに大変良い動きをしていた。今日は東京からQBクラブが来て防具の注文を受け付けてくれていたから、もうじき1年生もイッチョ前のフットボールプレーヤーだ。

バックス・レシーバーのパートでは、プレーのスピードアップに重点を置いた練習を開始した。これは全く予定どおりで、初めからスピードを重視するとプレーを正しく理解できないと考え、これまでプレー展開の遅さには目をつぶってきた。そろそろスピードアップできるだけの理解はできたようなので、これからは速く速く速く!を徹底していく。もちろん、正確にできなかったら、またゆっくりと繰り返す。正確にできる一番速いスピードでプレーすることが一番重要である。

今日は1on1のハンドオフドリルを行った。ラインメンがいないからRBvsLB、WRvsDBの組み合わせ。不慣れな点を差し引けば、オフェンスはかなり良かった。決して力強くはなかったが、しつこくブロックしていたし、ボールキャリアはタックルされてもダウンフィールド側に倒れて、ボールを前に進めようという気持ちに溢れていた。
ディフェンスはコツをつかんでいないというか、躊躇している訳でもないだろうが前に出る圧力がほとんど感じられなかった。まともにタックルできたのは15分間のドリルで僅か2回。もう少しパート練習でスキルを磨かないと…。

さて、今日は母の日。
離れて暮らしている方も、今日は電話でお話ししましょう!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version