第4回Kayaks祭

第4回Kayaks祭今日は、今年で4回目となるKayaks祭を泉キャンパスグラウンドで開催した。

創部30周年を記念して2005年に始まったKayaks祭は、OB/OGと現役部員(選手・マネージャー)との交流を目的としたイベントで、毎年ゴールデンウィークに実施している。ただOB戦をして終わりではなく、試合のあとにグラウンドで軽食を食べながら、あれこれフットボール談義を楽しむ懇親会を行っている。お陰さまで年々参加者も増え、何よりOB/OGのご家族や友人がたくさん来てくれるようになったのが本当に嬉しい。今後は応援してくださるご家族にもっと楽しんでいただけるような工夫もしていくつもり。来年もご家族ご友人と一緒に、是非ご参加ください。

さて、OB戦。
今年は「少なくとも」勝つことを目標としていた。今シーズンのKayaksはこれまで、TGボウルでのOB戦と仙台ブラックボルツとのスクリメージを戦い、ある程度手応えを感じていた。今シーズンからコーチングスタッフを充実させ、攻守を分担してより専門的な指導ができていたし、選手たちも日に日に上達していた。マネージャーたちのお陰で毎日の練習はより効率良く行えてたし、工夫しながら撮影してくれるビデオのお陰でプレーに関する理解度は格段に深まった。

先制は現役チーム。昨シーズンのリーグ戦を思い出させるような、オプションからQBが独走してのタッチダウンだった。ディフェンスも奮闘し、なかなかOBチームに得点を与えない。その後は一進一退の攻防…と言いたいところだが、OBチームQBの老練なプレーコールと随所に光るレシーバーのスーパーキャッチ、ランニングバックの力強いラン、そして何よりラインの荒々しいブロックですっかり時間を使われてしまった。しかし、今日の現役チームは「勝つこと」にこれまで以上にこだわっていた。ロングドライブされても、素晴らしい粘りを見せてなかなか失点しない。もう少し短い時間で攻撃権を獲得できれば、良いディフェンスだったと言えよう。

現役オフェンスは2タッチダウンを奪ったが、思ったほどファーストダウンを更新することができなかった。プレーの展開自体は最後までOBチームを翻弄できたのだが、ブロック力とスピードに欠けていてはボールを前進させることはできない。最終スコアは12-20。残念ながらOBチームに敗れてしまった。

今後の課題は、オフェンスはプレーの展開のスピードアップとブロック力の強化、それとパスキャッチの確実さ。ディフェンスはDLがまずLOSを下げること、LBが縦に上がること、DBがランサポートできること。そして全体として、プレーの最後、試合の最後まで集中力を切らさないこと。…といったところか。

試合後の懇親会では、秋保のおはぎで有名な『主婦の店 さいち』の美味しいおはぎやおにぎり、お総菜をいただいた。毎日数千個のおはぎや数百種類のお総菜が売れるという『さいち』。行列どころか渋滞ができるほどの人気店です。是非行ってみてください。

今日は小雨も降る生憎の空模様でしたが、OB/OGの皆さん、そしてご家族、ご友人の皆さんにご参加いただき、貴重な経験と楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

それから、現役部員諸君。準備や後片付けご苦労さま。今日のOB戦では良いデータが取れたので、これを活かして次のゲームに備えよう。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version