桜もほとんど

20080421210753桜もほとんど散ってしまって、若葉が少しずつ目立ち始めたなぁ~、と土樋キャンパス本館南側の桜の木を見上げながらボンヤリ歩いていたら、元気に鳴きながら数羽の黒い小さな鳥が急旋回しながら飛んでいる。

スズメよりやや大きく、飛び方はまるでツバメだが燕尾服の名の由来ともなった長い尾は確認できない。それに、ツバメってこんなに元気に鳴いたっけ? エサを求めるヒナでもないのに? 模様も何となく違う。背中の尾の付け根あたり(腰?)は白くなっている。

旋回するその鳥を目で追うと、事務棟の軒下に向かって行ったり来たりしている。実は朝の出勤時で駐車場から事務室に向かう途中だったのだが、確認せずにはいられなくて倉庫のように使っている軒下を覗いてみた。すると、思ったとおりツバメの巣と思われるモノがいくつもあって、色合いから見て、ただいま建築中といった感じ。だが、巣に戻ってくる鳥はやっぱりツバメっぽくない。

帰ってから図鑑で調べてみると、「尾が短く、腰が白い」という特徴からイワツバメというツバメの仲間かとも思われるが、図鑑の絵だけで見るとアマツバメの方に近い。だけど、どちらも仙台の街中にいる鳥なのか?!ありゃ一体なんなんだ? 飛ぶのが速すぎて今日は撮れなかったけど、今度は鳥の姿の撮影にチャレンジしよっと。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version