伝統のパワープレー

今日は春分の日。仙台は小雨が時折降るぐずついた空模様だったが、お陰で花粉は少なく、クスリに頼らなくても何とかしのぐことができた。

今日の練習には、3月1日の合同練習開始からずっと休んでいた選手も復帰し、体調不良で休んだ部員がいたので全員集合とはならなかったが、ようやく『Kayaksらしく』なってきた。チームはやっぱり全員揃うのがいい。選手もマネージャーも皆揃って、初めて『Kayaks』になる。

ディフェンスメインのパートを短く行った後、今日はチームドリルで初めてインサイドのパワープレーを確認した。私のコーチとしての経験では、オフェンスでは最も自信のあるプレーのひとつで、選手に教えるための方法論やゲインするためのバリエーションなどは豊富に蓄積している。選手たちも、昨シーズンやその前の経験を活かして、初日にしてはスムーズに展開していた。ひとりひとりが何故そう動くのかを考えながら、あるいはそれを教えながら積み重ねていけば、Kayaks伝統のパワープレーが久しぶりに復活するかもしれない。

今日もOBがスタイルして練習に参加してくれた。社会人にとって貴重な休日の時間をKayaksのために費やしてくれるOB/OGには本当に頭が下がる。いつもありがとう。

このところ冷え込む日が続いている。部員たちにも風邪をひいたり体調を崩している者がいるし、インフルエンザもまだ流行っているようだ。皆さんもどうぞご自愛ください。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version