練習どころではない!

今日も天候に恵まれ、雲は多かったが暖かで、練習するにはちょうど良い陽気だった。しかし、昨日今日はスギ花粉の飛散にもちょうど良かったようで、ついに眼の粘膜が白目を覆うほど腫れてしまった。眼も鼻ものども耳の奥もむず痒くて、練習どころではない!

…とは思いつつ、今日も練習に行ってきた。
今日はオフェンス担当のコーチが2人揃い、またOBも3人来てくれて、なかなか良い練習ができた。今はまだ基本プレーのアサイメントを反復している段階で、まだまだ基本中の基本を繰り返しているに過ぎないが、ここを省略してしまうと次のレベルに入った頃から大きな差がつくということを私たちコーチはよく知っている。だから何度も何度も、毎週毎週、同じことを繰り返しているのだ。もちろん、部員たちはみんな少しずつ上手くなっているから、今日みたいに新しいプレーをやってみたりもする。しかしそれも、今後反復していって良いプレーへと熟成させていくためのスタートを切ったということに過ぎない。

チームドリルを通じて、私たちコーチングスタッフの考え方もだいぶ共通認識を持てるようになってきた。オフェンスで言えば、どういった手段でボールを前進させるのか?ということを理解しあうということだ。まだまだズレはあるが、元々同じKayaksのフットボールをしてきたOBたちだから、理解し合うのもそう難しいことではない。

今日はアフターを早々に切り上げ、コーチが中心になって練習ビデオを見ることになった。こうしたことも、優秀なコーチたちがスタッフ入りしてくれたことによる恩恵だと言えるだろう。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version