競技力向上クリニック

学連主催の競技力向上クリニックが、今年は我が東北学院大学泉キャンパスを会場として開催された。だいぶ前から会場使用を打診されていたのだが、講義会場となる教室が新年度準備のために借りられず一旦はお断りしたのだが、合宿所や体育館の狭い研修室でも良いということで、今日の開催を迎えることができた。

案の定、狭い研修室内でいくつかのポジションが同時に講義を行うという形式になったため、決して良い環境とは言えなかったが、今年も講師としていらしてくれた鹿島ディアーズの皆さんの熱心な指導と、各大学の選手・マネージャーの真剣な態度で、あっという間に午前の講義は終わったという感じだった。

午後はグラウンドに場所を移し、ポジションごとに実技指導となった。
Kayaksの選手たちも、人数は少ないながらも各ポジションに分かれて指導を受けることができた。私は今日は泉キャンパスを使用するということで、半ば大学職員としての立場で朝から付き合ったが、午後の実技は今シーズンの担当ポジションであるオフェンスラインをじっくりと見学させてもらった。

鹿島ディアーズのファンダメンタルがそのままKayaksに活かせるかというと、決してそうではないのだが、考えようによっては、今シーズンKayaksが目指しているスタイルにあっているように感じた。それぞれのポジションで指導を受けた選手たちは、どう感じただろうか?

クリニックの様子をウェブアルバムで公開しています。→ k_soneの公開ギャラリー

  • 鹿島ディアーズオフィシャルサイト
  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version