体育会指導者講演会

今日は本学体育会の指導者講演会・懇親会が仙台国際ホテルで開催された。
体育会44団体のうち、どれだけの部の指導者が出席したのか正確にはわからないが、私のように1人だけ出席した部もあれば数人で来ている部もあり、総勢で40~50人は集まっていたようだ。

第一部の講演会はいつもと趣向を変え、「日頃の活動における成果と問題点について」と題して、3つの部の監督さんが15分程度ずつ自分の部の実状を発表された。持ち時間が短かったせいか、主題について語られる時間が皆さん少なくて残念だったが、皆それぞれ競技の特性や歴史的背景、施設・設備の環境等に影響を受けながらも、熱心に指導されている様子がよくわかった。

総評に代えて、ご自身も体育会のOBである体育会副会長がこんなことを言われた。
「勝利が最終目標ではない。体育会には人間形成という目的があり、社会に役立つ人間を育てることが目標である」

私たちの年代ぐらいまでなら皆暗唱させられた『体育会の目的』は失われてはいない、いや、失ってはいけないのだと強く心に思った。もちろん、我がKayaksは、例え低迷しても『体育会の目的』に通じるチームフィロソフィーを変えることなく活動を続けている。

第二部の懇親会では、食事や少々アルコールもいただきながら団体の枠にとらわれず懇親を深めた。全体的に今日のタイムテーブルは時間が足りなかった気がするが、他の競技の指導者の話を聞ける、大変意義深い会だった。

  • 体育会の目的 (東北学院大学体育会公式サイト)
  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version