スタッフ初顔合わせ

20080127203129大学の後期試験が昨日で終わり、学生たちは今日から長い春休みに入った。Kayaksも2月いっぱいは自主トレ期間で、今日は各自自主トレ期間中の目標を設定するためのウェイト記録会を行った。目標が達成できたかどうか(=サボらず自主トレしたか)は、3月1日の記録会でハッキリ数字で判断できる。試験休みでナマった体を、1ヶ月かけてじっくりと鍛え直して欲しい。

記録会には、今シーズンのコーチングスタッフ入りを快諾してくれたOBが数名顔を出してくれて、スタッフ初顔会わせとなった。皆私より10歳も若く、だが経験も知識も私以上に豊富な連中だ。トレーニングルームでは、早速熱心に指導してくれて、選手たちも真剣に耳を傾けていた。

練習のあと、場所を泉キャンパス近くのファミレスに移し、遅めの昼食を食べながら1回目のスタッフミーティングを行った。
今年の年間計画のうち、既に確定している5月までのスケジュールを確認したり、選手たちの顔と名前とポジションを一致させながら、おおまかな役割分担などを話し合った。これまで、コーチ生活のほとんどを1人で過ごしてきた私は、僅か数人でもアシスタントコーチをスタッフに加えることには神経質になってしまいがちだが、経験・知識だけでなく、熱意や情熱溢れる彼らの態度に接し、Kayaksのために共に全力を尽くそうとあらためて決意した。

明日から約1ヶ月の自主トレ期間だ。年末年始は残念ながら選手たちもサボり気味のようだったが、今度はそうはいかない。この1ヶ月の自主トレが体だけでなく、心も鍛えるという事実を選手たちはしっかり認識して、今シーズンのリーグ戦の結果を左右するであろう基礎体力の開発と向上に真剣に取り組んで欲しい。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version