プレゼン

今日の仙台は冷え込んだ。
午前中は雪も舞い、夜になってさらに冷え込み、濡れた路面は凍りそうだ。

そんな中、今年コーチをしたいと言ってくれている Kayaks OB が話をしたいというので出掛けてきた。彼には以前、2~3ヶ月ほど一緒にコーチをしてもらったことがあり、転勤のためやむ無くチームを離れたのだが、今回また転勤してきたのでスタッフに加わりたいとのこと。「転勤してきた」と言っても住まいは宮城県外。私からみれば(私でなくとも?)十分遠いが、陸続きになっただけ、彼には近く感じられるのかもしれない。

全体練習開始まで1ヶ月半と迫り、コーチとしては練習計画の立案やらプレーブックの見直しやらで忙しいが、まだまだ不確定な部分も多く、今日は私が彼の話を聞くというスタンスで臨んだのだが、彼は10ページ以上もある立派なレジュメを作ってきていた。そう、本来ならコーチ(監督)である私がアシスタントコーチにすべき準備を彼は既にしていたワケだ。

ホテルの喫茶店でコーヒーを飲みながら彼のプレゼンを聞くのはコーチとして楽しかった。成し遂げようという熱意がみなぎり、成し遂げてみせるという自信に溢れている。アシスタントとしての能力は未知数だが、かつて短い時間を共に過ごした感じでは、アメリカンフットボールに関する十分な知識を持っていて、おそらくは優れたスタッフになれる人材だと思う。今シーズンの楽しみが、またひとつ増えた。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version