一年の計は

今年の干支、チュー太一年の計は元旦にあり、…ということで、昨日からアレコレ考えたことのまとめ。

私がチームフィロソフィーとして掲げている、Winning is not everything, but making effort to win is. と Winners never quit and quitters never win. (どちらも故ヴィンス・ロンバルディ元グリーンベイ・パッカーズ・ヘッドコーチの言葉とされている)をチームの強固な土台とし、監督個人としては昨年に引き続き Stay the course and be consistent and fair. (進むべき道に踏みとどまり、ブレずに、公明正大であれ)を胸に刻みつつ、今年は「出し惜しみしないコーチング」を1年間続けていきたいと思っている。

それと、今年はコーチングスタッフはもちろんのこと、学連理事・評議員、審判員、OB/OG会スタッフ等の充実を図り、クラブ内外の環境の整備に本格的に取り組み始めようと考えている。これには当然ながら多くの方々の協力が必要な訳で、一朝一夕には叶わないだろうが、手をこまねいてばかりでは何も始まらない。今いるスタッフと力を合わせて、現役部員たちをバックアップできる体制づくりを主導していくつもりだ。OB/OGの皆さん、ご協力をお願いいたします。

さて、正月休みも明日でおしまい。そして明日はいよいよライスボウルだ!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version