職員クリスマス

今日は東北学院職員クリスマス。
幼稚園、中学・高等学校、榴ヶ岡高等学校、大学、そして法人の教職員が、大学の土樋キャンパスにあるラーハウザー記念東北学院礼拝堂に集まり、ちょっと早いが、クリスマス礼拝で神の子イエスのご降誕を祝った。

讃美歌と聖書朗読、大学宗教部長による説教、献金をして、礼拝は40分ほどで終わり。その後、場所を学生食堂に移し、祝会を行った。

以前、ある先生が言っていた話を思い出した。
東北学院で働いていると、毎日の礼拝やこうしたクリスマス行事等に参加でき、私も含めクリスチャンでない者も心静かに神の御言葉に耳を傾けることができる。これは普通ではなかなか経験できないことで、とても意義深いことだ、と。全く同感だ。

今年のクリスマスは、例え短くとも、心静かな時を過ごしてみませんか?
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version