もったいない!

録画したまま見れずにいた第62回毎日甲子園ボウル in NAGAI をようやく観た。

第1クォーター、日大の最初のタッチダウンはスクリーンパス。エースランニングバックの素晴らしい独走には鳥肌が立った。

対する関学はシフトで動いてアンバランスラインからタッチダウンを奪い返す。いかにも、関学。

巧みなチェンジオブペースのキックオフリターンタッチダウンと、ロングパスからディフェンダーを振り切ってのタッチダウンで、日大は10点差もひっくり返す。

しかし、圧巻は何と言っても試合終了前の数分間だろう。
関学の猛攻にも決して後退しない日大ディフェンスの凄まじい強さには、鳥肌どころか寒気すら感じた。そして、その日大に対して逃げることなく、4度中央突破を試みて逆転した関学は、やっぱり強い。

あの大歓声を受けるに値する好ゲーム、復活した日大と関学の新しい歴史の幕開けに相応しい名勝負だった。夜中の放送じゃぁ、もったいない!

関連記事
不死鳥、惜敗 2007年12月16日(日)
ようやく、甲子園ボウル 2006年12月21日(木)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version