Xリーグも大詰め

東北学生アメリカンフットボールリーグ戦は昨日で全日程を終了したが、Xリーグも各地区で最終節を終え、FINAL6出場チームが出揃った。

イーストディビジョンでは3チームが4勝1敗で並んだが、得失点差により、富士通フロンティアーズとオービックシーガルズがFINAL6へ進出を決めた。また、セントラルディビジョンもイースト同様、3チームが4勝1敗で並んだが、同じく得失点差により、鹿島ディアーズとオンワードスカイラークスがFINAL6へ進んだ。
KayaksのOB、佐藤浩史選手が所属する内外電機マーヴィーズは、ウェストディビジョンで健闘したが3勝2敗で3位となり、2年連続のFINAL6進出はならなかった。ウェストからは、松下電工インパルスとアサヒ飲料チャレンジャーズがFINAL6へ出場する。

X2では、Kayaks OB の千葉亮介選手が所属する日本ユニシスブルズがセントラルディビジョンで3勝1敗と好調。11月17日(土)に東亜建設工業クレーンズと最終戦を戦う。また、昨シーズンまで Kayaks のアシスタントコーチだった OB の小野俊輔選手が所属するバーバリアンもイーストディビジョンで3勝1敗と好調。11月18日(日)に全勝のハスキーズと最終戦を戦う。

どちらも会場は川崎球場です。皆さん、どうぞご声援ください!

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version