新チームはオモシロイ

今日の練習はいつもより何故か人が少ない。リーグ戦以降の練習では、何かしら事情があって休む部員が多いが、この時期(リーグ戦を経験した後)の練習が非常に重要であるということに、チームとしてまだ気付いていないのかもしれない。

人は少なかったが、今日の練習は大変良い内容だった。
オフェンスのベースプレーを確認しながら、様々なバリエーションを紹介し、それによってプレーの展開がどのように変化するかを実際に経験させた。1~2年生の新チームになって、自分たちは経験が浅いという自覚を持ちながら、今シーズン経験したことを着実に自分のものにしているということを彼らは知っている。ハドルの中でいろいろ意見を出し合いながら、さらに良いものを目指そうという意欲があり、しかも、それを実際にプレーできる能力がある。4年生が抜けて実際のチーム力は当然低下したが、この新チームはオモシロイ。

ベースプレーには、そこから派生する応用編とも言えるプレーがあり、それぞれのテクニックも基本から応用へと枝分かれしている。私はこれまで、チーム全体がある一定のレベルに達しないと次のレベルへ進ませない、という方針だったが、先日、あるOBに「上限を決めずに、もっと教えてあげてください」と言われて気付いた。もっと上があることを部員たちに知らせなければ、アメリカンフットボールの魅力がもっと奥深いものだということを教えることができないのだということを。そして、もっともっと教えなければ、選手たちの本当の能力を出し切ってあげることができないのだということを。

持てる知識と経験を、この新チームに全て出し尽くしてみたい。(…いや、全てじゃ彼らのアタマが飽和するな!?)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version