全力を尽そう!

いよいよ明日はKayaksにとって今シーズン最後の試合、対秋田大学オーガーズ戦だ。前日の今日は、暖かな秋の日差しを浴びながら、プレーの最終確認を行なった。

キッキングゲームのメンバー確認、ディフェンスチームのフォーシングユニット(DLとLB)とコンテイニングユニット(LBとDB)、オフェンスのランおよびパスの全プレーを確認して、約1時間で練習を終えた。凡ミスもあったが、気の抜けたミスというより緊張し過ぎによるミスといった感じで、チーム状態は良い。選手一人一人が心身共に充実している、といった印象だ。

今シーズンの過去2試合、実は私は全く緊張も興奮もしなかった。昨年はリーグ戦を棄権したが、一昨年もそれ以前も、試合前は胃がキリキリ痛み、興奮して鼻の穴が膨らみ?!、まるでまだ現役選手かのように相手を押し潰してやろうと意気込み、尚且つ冷静でいられた。その緊張や興奮が今シーズンは全く無く、試合会場に着いてもキックオフ直前でも、全く平気でいられた。

平気でいられたのが何故かわからなかったし、良いのか悪いのかもわからなかった。ところが、今日の練習を終えて一人で着替えながら、徐々に自分が興奮し始めていることに気付いた。

明日が今シーズンの最終戦ということもあるだろうし、対戦相手が準加盟ながら2戦2勝している強敵秋田大学だということもあるだろう。しかしそれよりも、試合のための準備をし尽した充実感と自信が、何としても選手たちを勝利に導こうとする、監督としての責任と誇りを思い出させてくれたからだと強く感じている。

振り返ってみると、過去2試合の準備は十分とは言えなかった。入部して半年に満たない1年生が主力のKayaksにとって、それはある程度仕方ないことでもあったし、妥協しなければならないことはたくさんあった。しかし、2つの敗戦を経験し、Kayaksは大きく成長した。まだまだ勝利への道は遠く険しいが、諦めずに最後までやり抜こうという気持ちを、選手もマネージャーも強く心に抱くことができるようになった。

忙しいだろうに、仕事の合間を見付けては練習に参加して、熱心に指導してくれるOBがいる。遠くから、いつも応援してくれるOGがいる。怪我をしないかと心配しながらも声援を送ってくれる部員の親御さん、試合に敗れてもあたたかく励ましてくれるKayaksファンや大学関係者、その他たくさんの方々の理解と協力があって、私たちは明日も試合をすることができる。最後の最後まで、全力を尽そう!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version