精神面での成長

今日は学内行事のために1年生が19時過ぎまで集まれず、遅めの練習開始となった。

短い時間で効率良く、内容ある練習メニューを工夫したつもりだが、選手・マネージャーの集中力も高く、良い練習をすることができた。このところずっと高い集中力を保てていて、プレー云々よりも、そうした精神面での成長に手応えを感じている。

今日もディフェンスのドリルを繰り返して、自分の役割をより明確に理解することを目指した。動き方を誤ることはほとんど無くなったが、どうしても姿勢が高くなってしまう。FFP(フットボールファンダメンタルポジション)を保てないことが、激しいタックルで相手を倒すことができない技術的な要因だろう。

FFPを保てないのは、体力的に下半身と体幹の筋力不足が考えられるし、ハードタックルには背筋や腕の力が必要になる。これらは今後の課題と言えよう。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version