秋田大学 vs 山形大学

20070930172833山形大学小白川キャンパスのグラウンドで、秋田大学オーガーズ対山形大学トムキャッツの試合を観戦した。

両チームは今年7月1日(日)のこまちボウルでも対戦していて、その時は、ビデオで見る限り秋田大学が攻守で圧倒し、32-0で山形大学を下していた。

今日の試合も前半を終わって14-0と秋田大学がリードしていたが、秋田にそれほど力強さは感じられず、むしろ山形大学の少々まとまりを欠いたチーム事情に救われているといった感じだった。(山大の皆さん、失礼なコト言ってすみません!)

後半は山形大学にミスやファウルが目立ち、キッキングゲームやインターセプトで有利なフィールドポジションをキープし続けた秋田大学が得点を重ね、49-0の大差で試合を終えた。

今日の観戦は、次にKayaksが対戦する秋田大学オーガーズのスカウティング(偵察)だった訳だが、じっくり見てみて、あらためて秋田大学は良いチームだなぁ~と感心した。

オフェンスは、オーソドックスなプロTから基本的なプレーで確実なゲインを重ね、プレーアクションパスで大きく前進する。ディフェンスは、これまたオーソドックスな5-2でロングゲインを許さない。攻守共にラインメンは機動力があり、チームの要として力強く機能している。キッキングゲームも含めてミスが少なく、大胆なスペシャルプレーも躊躇せずやりきる。全体のプレーでスピードが増せば、一部リーグでも十分通用するかもしれない。

スカウティングだからこれ以上は記さないが、クォーターバックは賢くプレーし、ランニングバックは皆強い。あのオフェンスをどれだけ遅らせることができるかがポイントか? 秋田のディフェンスは予想とちょっと違っていたので、今日から再度オフェンスプレーは組み立て直そうかな?


20070930172832山形と言えば、蕎麦が美味しい。帰りに、286号線沿いの蝋燭(あかし)庵で、蕎麦と麦切りの『合せめおともり』をいただいた。

腰のあるしっかりとした美味しい蕎麦と、もちもちした食感でツルッとした麦切りの両方を楽しむことができた。行沢川が店のすぐ下を流れ、せせらぎが目にも耳にも楽しい。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version