最終戦に向けて

今日から最終戦の対秋田大学オーガーズ戦に向けて練習を再開した。まだ多少傷んでいる選手がいるが、昨日までの休養で体力は回復し、声が余り出てなくて元気は無かったが、今までよりさらに気合いの入った良い練習ができた。

今日のKayaksは、静かに闘志を燃やしている、といったところか? しかし、ヒッティングスポーツであるアメリカンフットボールに必要なのは内に秘めたる闘志ではなく、仲間を鼓舞し、対戦相手を圧倒するような体から溢れ出る闘志であり、勝利に対する燃えるような欲望である。これを上手に表現できるリーダーがKayaksの選手から出てくれると良いのだが…。

基本的には、夏休み中の練習メニューと比べて大きな変化は無い。ただし今日からの1週間は、次の試合で必要になる基本的なブロックとタックルのスキルアップを特に重視している。選手たちにとっては根性メニューにしか思えないほどキツい内容だろうが、実はこうしたメニューこそ、アメリカンフットボールのスキルを向上させるには必要不可欠な練習なのだ。

本来、1年生たちには、こうした練習をじっくり1年間させてから試合に臨ませてあげたかったのだが、何とかして今シーズンのリーグ戦に間に合わせようと、多くを省いてしまった。第2戦と第3戦の間にやや長めの期間が空いたのを利用して、少しでも力強いブロックとタックルを身に付けさせてあげたい。もちろん、来シーズンまでにはガッツリと鍛えあげるつもりだ。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version