嬉しい出来事

20070905213713今日もひと仕事終えてから練習へ行ったので、昨日同様、終盤からしか練習を見ることはできなかった。しかし、選手たちは昨日にも増して元気に真剣に練習に取り組んでいたし、マネージャーは練習内容と意図をしっかり把握していて、安心して進行を任せることができる。この数日で、部員たちは本当に大きく成長したようだ。

部員たちの成長を見るのは嬉しいことだが、今日は特に嬉しい出来事がふたつあった。
ひとつは、1年生ラインが先日の試合で対応しきれなかったスタントに対するパスプロの方法について聞いてくれたこと。
そんなこと、試合中に対応するのが当たり前だろ、と言われそうだが、何しろ選手がギリギリしかいないKayaksは、攻守交代しても選手はサイドラインに戻っては来ないし、ハーフタイムだけではそこまで打ち合わせる十分な時間が無かった。
さらに、こうしたことを選手たちがなかなか話してくれないというのが最近のKayaksの悪いクセだった。もっと貪欲に監督やコーチを利用して強くなってくれたら…と、いつも歯がゆく思っていたのだが、これを機に、わからないことや自分の考えを積極的に発言できる雰囲気になってくれたら、さらに嬉しい。

今日特に嬉しかったもうひとつの出来事は、マネージャーが選手たちだけでなく、私にも『お手製名前入りタオル』を作ってくれたこと。こういうのって、本当にウレシイ!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version