折り返し地点

昨日はやや暑さも弱まり、そろそろ猛暑の夏も仙台では終わりに近付いたかな?…と思いきや、今日はまた強い日射しと厳しい暑さが戻り、練習するにはホントにキツかった。ただ見ているだけの私でもフラつきそうになったぐらいなのに、走りまわってる選手・マネージャーは本当に大したもんだ!?

夏の練習が始まって一昨日のOB戦で前半が終了。リーグ戦の初戦まで、今週がちょうど折り返し地点だ。これまでウォークスルーでプレーを反復したり、OB戦をすることによって、自分たちKayaksがリーグ戦でどんな戦い方をしていくのか、部員全員が共通のイメージを持てるように取り組んできた訳だが、今日からは、その戦い方を成功させるために自分は何をすべきかを一人一人が考えながら練習に取り組む期間となる。具体的には、パート練習やドリルによって正しいスキルを反復するのだが、それがプレーの中でどういう意味を持つのかをイメージしながら取り組むということだ。
そしてもうひとつ。強く、激しく、ハードにヒットするということを、選手全員ができるようになるまで反復するということでもある。

今日は、重要な部分だけを切り取った実戦的なドリルを繰り返すことによって、一人一人がずいぶんと良い動きをするようになった。アメリカンフットボールは非常に単純なスポーツなので、あることに気付いた選手は急に上達することがある。いわゆる『夏にバケる』というヤツだ。今のKayaksは、ほとんどの選手がその一歩手前にいる。チャンスを逃さず、しかし焦ることなく、毎日120%を出し尽そう。必ずやり遂げるんだと強く思おう。昨日できたんだから今日も必ずできる…その繰り返しが、選手を強く鍛え上げ、チームを勝利に導いてくれる。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version