今日はようやく

20070809181457今日はようやく蒸し暑いグラウンドでたっぷり時間をかけて練習することができた。
アップメニューからパート練習にかけて、少し長めに回数も多くウォーターブレイクを取り、熱中症対策と集中力を持続させるようにしてみたが、お陰でかなり蒸し暑かったがみんな最後まで元気に練習に取り組んでいたようだ。

パートの後、昨日体育館で確認したオフェンスプレーを再びウォークスルーで繰り返したみたが、残念なことにアサイメントミスがあまりにも多くて驚いてしまった。まだまだ若いチームだから、ハンドオフをミスったり、パスを捕りそこなったりというのは、まだ今日の時点では多少許せる範囲だとしても、アサイメントを覚えていないというのは個人的な努力を怠ったということであり、例えアメリカンフットボール初心者であっても許されるものではない。プレーブックの中からさらに限定した、ラン・パス合わせても10種類程度のプレーしか求めていない訳だから、是非とも土曜日の練習までにはしっかり覚えていて欲しい。

ミスが多いからハドル内の士気も上がらず、今日はあまり良い練習だったとは言い難い。試合だったら、自滅して大敗するパターンだ。しかしOBが2人来てくれて、自らスタイルして選手たちを丁寧に指導してくれた。選手たちにとっては何よりだったろう。OBの皆さん、本当にいつもありがとう。

オフェンスプレーの確認は短い時間で終えて、今日はディフェンスの確認をするつもりだったが、昨日と同じぐらい長い時間がオフェンスにかかってしまった。いつもの事ながら、なかなか計画どおりにはいかないものだ。

練習を終えて駐車場へ歩きながら、ある先輩に言われた言葉を思い出した。
『監督が太陽なら、選手たちはヒマワリ。監督のいる方向に顔を上げて成長していくんだよね』
選手たちの士気が上がらないのは、彼らのミスを許せずに、虚しさのあまり叱ることすらできなかった私のせいなのかもしれない。気持ちを入れ替え、次回はもっといい雰囲気の中で充実した練習ができるように、部員たちと一緒に頑張ろう!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version