残念どころか情けない!

日本を代表する男子フィギュアスケートの選手の1人が、飲酒検問で摘発された。飲酒運転による事故が昨年同期に比べて39%減少したという発表があったばかりなのに残念でならない。

ルールを守るというのは、それこそ最低限のルール。これぐらいなら違反したっていいだろう?なんてルールは無い。トップレベルのスポーツ選手がこうした反則を犯したと聞くと、残念どころか情けなくすら感じる。また、大学関係者、すなわち彼を教育する立場の人間が同席した上での違反ということで、ますます情けなくなる。

彼は日本フィギュアスケート界の看板を背負っているはずだ。その誇りや責任を、僅かビールジョッキ2杯と焼酎水割り1杯で忘れ去るとは!(と言っても、もちろん量の問題ではない!)

Kayaksの現役部員はもちろん、OB/OG、Kayaksに関わる、そして関わった全ての方々へ。
皆さんは常にKayaksの金看板(きんかんばん:世間に対して誇らしく掲げるしるし。世間に堂々と示す主義・主張・商品など)を背負っていることを忘れることのないように!

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version