真剣な眼差し

今日は久しぶりに仕事を定時で切り上げることができたので、泉キャンパスへ行ってウェイトトレーニングの様子を見ることができた。

試験オフの間も毎週木曜は全員集まってトレーニングしているが、今日も体調不良で休んだ者はいたが、みんな元気にトレーニングに励んでいた。もう少し追い込んでやってると思ったが…という感じで、やや物足りなさはあったが、明るい表情で取り組んでいたのは良いことだろう。悲壮感を漂わせてやる必要は全く無い。

継続は力なり。
毎日地道にトレーニングに取り組むことが、まずは何より大切だ。

トレーニング終了後、いつもどおり部員たちを集めて少し話をしたのだが、話す私を見る部員たちの真剣な眼差しがすごく印象的だった。いつもと変わり無いのに久しぶりだったから私が勝手にそう感じたのか、久しぶりに来た監督が何を話しだすのかと本当にいつも以上に真剣に聞いていたのか、どちらかはわからないが、リーグ戦に向けて部員たち全員が一所懸命に取り組んでいるよう感じて嬉しかったな。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version