ストーブリーグ

Kayaksと同じ東北学生アメリカンフットボール連盟に所属するチームの練習試合を見に行った。
数年前にはKayaks同様選手不足で、リーグ戦に参加すらできなかったそのチームは見事復活を果たし、今日の社会人クラブチーム相手の練習試合でも充実した内容を見せてくれた。
Kayaksに比べれば人数は倍もいるが、それでも20名もいない。アメリカンフットボールのチームとしては十分と言えないどころか、まだまだ少なすぎる。しかし彼らは劣勢にあっても誇り高く、互いに励まし合っていた。
良いチームだ。
彼らに出来てKayaksに出来ないはずがない。
冬から春にかけてのほんの僅かの差が、秋には大きな差となって結果に表れる。気を抜くと集中力を欠いてしまうこの季節、目標を見失わないように士気を高めていきたい。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version