ファンダメンタル

12日(火)からKayaksの練習は新しいメニューになった。いよいよ1年生も上級生と一緒に同じメニューをこなしていく。昨シーズンは部員数が少なくて満足にパート練習もできなかったのだが、今年はちゃんとできる。これだけでもスゴい進歩だ!

もちろん内容はまだまだ基本的なものばかり。アメリカンフットボールの選手らしく正しく走って、正しくタックルし、正しくブロックできるようになるのが最大の目的。ここ数年ずっと選手たちに言ってきていることだが、ファンダメンタルを身に付けるには正しい動作を繰り返し反復する必要がある。だから、どんなに速く動けても誤った動きではいけないし、どんなに強くヒットできても誤った当たり方ではいけない。ヘタすりゃ怪我をすることにもなりかねない。

日々の練習では、自分が正しくできる一番速いスピードで動くのが一番大切だ。そして、練習するたびにそのスピードを少しずつ速くしていけば良い。少しずつ強くヒットしていけば良い。そうして上手くなっていく、強くなっていく。

ファンダメンタルがしっかりすれば、プレーを組み立てるのはむしろ簡単な作業だと言える。何しろどんな複雑なプレーも、分解していけば11人の選手たちの基本的な動きに過ぎないのだから。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version