努力が報いるように

今日の練習は勤務時間中だったので全く見に行けなかったが、練習前後に主将が職場に顔を出してくれた。特に何があった訳でも無いのだが、こうした姿勢は大変好ましいと思うし、心情的に嬉しかった。

他の、いわゆる『サンデーコーチ』に比べれば、夜間練習に週2~3回参加できる私は部員たちとコミュニケーションがとれている方かもしれないが、今のKayaksの部員たちが著しく試合経験に乏しいことを考えると、少しでも多く顔を合わせて話す機会が持てることはやはり大切なことだと思う。

今日までは全体で基本的なヒッティングメニューを反復してきたが、明日からは1年生も大きく2~3つのパートに分かれてポジションごとのファンダメンタルを練習することになる。良いとは言えない(いや、ハッキリ言って悪い!)グラウンドコンディションや遠い部室(荷物は多賀城キャンパスの部室に置いている)など、やむを得ない事情とは言え、こうした悪い環境の中で練習する状態になっても部員たちは一所懸命練習に励んでいる。こうした努力が少しでも良く報いるように力を尽すのが、私たちコーチングスタッフの責務だろう。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version