グリーンボウル打ち合わせ

14時過ぎから約2時間、東北学生アメリカンフットボール連盟事務所で行われた第11回仙台グリーンボウルに関する打ち合わせに参加した。前回、前々回に次いで学生オールスター(選抜チーム)のコーチに選ばれたので、他のスタッフや連盟理事たちと開催内容等について打ち合わせたのだ。

仙台グリーンボウルは『東北でのアメリカンフットボール普及を最大の意図とし、アメリカンフットボールを通じ学生の人間形成育成の一助を目的とする』。(配付資料より) 第11回目となる今回は、前回同様学生オールスターvs社会人オールスターの対戦で、6月10日(日)午後1時からユアテックスタジアム仙台で開催される。

学生オールスターは東北学生リーグ9大学(東北大学、岩手大学、仙台大学、弘前大学、日本大学工学部、山形大学、東北工業大学、東北学院大学、秋田大学(準加盟))から各5名程度が選ばれ、約50名のチーム編成になる予定だ。我がKayaksからも4名が推薦選手としてリストに名を連ねている。スタッフは、我が恩師で仙台大学シルバーファルコンズの山田監督が監督としてチームをまとめ、東北大学ホーネッツ前監督の永野さんと日本大学工学部クロウジャッケルズの一井コーチ、それに私の3名がコーチとして選手たちの指導にあたる。

前回は辛くも学生オールスターが勝利を得たが、社会人オールスターも雪辱を期しているらしい。良いゲームをすることが私たちの役目。今回も勝てるようにみんなで頑張ろう!

関連記事
グリーンボウル、開催要項決定 2007年3月5日(月)
学生選抜、勝利! 2006年6月18日(日)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version