課題を自覚して前進しよう

今日は春分の日。風はやや強かったものの、寒さはだいぶ緩んだみたいだ。
日曜の競技力向上クリニック以降初のグラウンド練習ということで、高いモチベーションで練習に取り組む選手たちの姿を予想していたのだが、やや拍子抜けするようなダラシなさ!? 途中から集中し始めたみたいだから、彼らはいわゆるスロースターターなのかも。練習前半はいつもミスを連発する。これは早めに直していかないと、短時間で練習しなければならないKayaksのチーム事情にとって致命的欠陥となりかねない。

さて、今日はより実戦的なオフェンスのドリルを行った。と言っても人数が足りないのでシリンダーダミー相手にプレーを反復しただけだが、今までよりはだいぶフットボールらしくなってきた。

力強いインサイドアタックがなければ相手ディフェンスをいくらストレッチしても意味が無い。クイックヒッティングプレーとパワープレーでフィジカルに相手を圧倒したいところだが、まだまだ力不足だ。しかし『課題』がはっきり『自覚』できれば、それは大きな前進と言えるだろう。

中国での家業の修行を終えて帰国した元部員がグラウンドに遊びに来てくれた。元気そうで何より。また今度ゆっくり話そう。

関連記事 競技力向上クリニック 2007年3月18日(日)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version