お経

Kayaksの後輩…というか教え子のご尊父が亡くなり、お通夜に行ってきた。真言宗智山(ちざん)派によるお通夜は、参列者全員にお経が書かれた小冊子が配られ、全員でお経を唱えるという私にとって初めての経験となった。
般若心経など、そのほとんどは意味のわからない文字の羅列だったが、何となく理解できる部分や口語文もあり、唱え終えると心が穏やかになるのを感じた。

『十善戒(じゅうぜんかい)』というのはキリスト教の『十戒(じっかい)』に似て、宗教の説くところはひとつであるなと感じた。

十善戒
弟子某甲 盡未來際 不殺生 不偸盗 不邪婬 不妄語 不綺語 不悪口 不兩舌 不慳貪 不瞋恚 不邪見

また、小冊子の最後には『信条』と『誓い』があり、これらは口語体で、誰でも読んでわかる文章で書かれていた。

信条
一つ ご本尊さまに歸依し 出会いの不思議を 感謝し この身が み仏さまと 一つのいのちである ゆるぎない安心を 確立しよう
一つ ご本尊さまの 大いなるいのちを みずからの 生きる力とし 生かされて 生きる喜びを 深めよう
一つ こころと ことばと おこないを 調え ともに つくしあう お大師さまのおしえを 世界にひろめよう

誓い
一つ 大いなる力にめざめ 尊い いのちを生かします
一つ 迷わず 怖れず 力をつくして 励みます
一つ つくしあいの 家庭と 社会を きずきます

喪主であるお母さんに代わって挨拶をした我が教え子は、実に立派だった。

(↑布教活動ではないので誤解のないように!)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version