記録会(3月)

200703031919163月1日に再開したKayaksの全体練習。仕事で参加できずにいたが、今日ようやく練習に行くことができた。

1日に行ったウェイトの記録会が連絡の行き違いでうまくできなかったようなので、今日改めて行うことにしていた。泉キャンパスの体育館で久しぶりに全部員が揃い、気合いの入った記録会でなかなか良かった。今回は1日の記録を参考値として、その85~90%の負荷で何回挙上できるか?という形式で記録を取っていった。

まずはデッドリフト。
比較的重い重量を扱う種目だが、皆背中を張って良い姿勢で行っていた。成績基準は体重に対する割合で評価することにしているが、最高で2.00、最低で1.39という値だった。評価にすれば、平均~非常に劣るとなる。

次にベンチプレス。
こちらはシャフトを持つ手の位置がナローからワイドまでだいぶ個人差があり、できるだけ高重量を扱うためにもワイドにしてトレーニングするように改めて指示した。体重に対する割合は、最高で1.36、最低で0.64とかなり低い。評価にすれば、かろうじて平均~非常に劣るとなる。

最後はスクワット。膝を135度曲げるパーシャルスクワットで行った。
デッドリフト同様、重い重量を扱う種目だが、こちらはまだまだフォームが悪い。膝がつま先より出てしまう選手もいた。怪我や障害の原因になりかねないので再度指示し、フォームが正しく固まるまで軽めの重量で反復させることにした。体重に対する割合は、最高で2.90、最低で2.00という値。評価にすれば、優れている~劣るになる。

全体的に前回(昨年12月2日)よりは筋力がアップしているが、残念ながら2月を自主トレ期間にした効果は得られなかったようだ。基準値による評価もあまり高くない。特に上半身が弱い。アメリカンフットボールは上半身のスポーツだが、力強い下半身は当たり前で、なおかつ逞しい上半身が不可欠ということ。弱点を正しく認識して、克服するように全力を尽そう。

(写りの悪い写真ですが、Kayaksの面々です。中央で体重計の針を振り切っているヤツは、4月4日までに体重2ケタを目指して『Boot Camp』実施の予定!?)

関連記事 筋力の成績基準 2006年12月17日(日)
記録会(筋肥大期、初日) 2006年12月2日(土)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version