スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田先生、ありがとう

今日は冷たい風が強く吹く、しかし青い空が綺麗な清々しい一日だった。
Kayaksの初代部長である恩師柴田誠先生を偲ぶ会が行われ、大勢の教え子たちが集まった。4~500人? いや7~800人は集まっただろう。会場は思い出話で大いに盛り上がり、きっと柴田先生も楽しんでくれたに違いない。

KayaksもOB/OGが30~40名ほど集まってくれた。
展示された遺品にはKayaksのスタジャンやボールもあり、懐かしい写真もパネルになって飾られていた。柴田先生がアメリカンフットボールを、そしてKayaksを心から大切にしてくれていたことを改めて知り、胸が熱くなったのは私だけではないだろう。

Kayaksの仲間たちはその後、二次会、三次会、四次会へと流れ、私は多くの先輩方、後輩たち、同期の連中から叱咤激励を受けた。普段なかなか会えない、東京や北海道在住のOB/OGたちとも久しぶりに会うことができ、懐かしい話をすることができた。

これも柴田先生のお陰。
柴田先生、本当にありがとうございました。
先生が元気なうちにKayaksを復活させることができずに、本当にごめんなさい。

安らかにおやすみください。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。