Positive thinking

今日は2人のOBが練習に参加してくれた。昨日も別のOBが来てくれていたが、冷え込みが厳しい中、Kayaksのために時間を割いて協力してくれることが本当に嬉しい。

いよいよ最終戦が近づいてきた。試合前に練習を見ることができるのも、おそらく今日が最後だろう。基本的なステップやタイミングなどを調整し、練習を終えた。

今日、私が選手たちに求めたのは、自分たちの力を内側でなく外に向けること。物事には様々な側面があるので、ある一面ばかり見ずに別の角度からも見てみること。そしてそれらは常にプラスの方向を向いていること、である。
ポジティブな発想・言葉・行動は人を大きく成長させる。自分自身にとっても仲間たちに対しても。例えば、誤ったプレーは直さなければならないが、ネガティブな言葉を並べただけでは直らない。いろいろな角度からアプローチし、ポジティブな言葉で誤りを指摘すれば、より効率的に修正することができるはずだ。
互いに励まし合って、フットボール選手・マネージャーとしても人間としても、より一層成長して欲しい。

頑張れ!Kayaks!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version