お疲れさん

オフの期間はどうしてもネタ不足になってしまうが、今日は久しぶりにアメリカンフットボールに関する話。…と言っても、他大学の話だが。

既にご存知の方もおられるだろうが、東北大学ホーネッツの監督が交代した。
私もホーネッツのウェブサイト(Diary)で知ったのだが、長年に渡って強いホーネッツを育ててきた永野信広前監督が2006年シーズン限りで退いたとのこと。最後のシーズンがパインボウル敗退では少々心残りかもしれないが、まずは「お疲れさん」と言いたい。

永野氏は現役時、素晴らしいラインバッカーだった。当時、私たちKayaksはホーネッツと優勝争いをしていたため、どうやってアイツをブロックするか、頭を悩ませたものだ。1988年のリーグMVPに選出されており、東北リーグ30年の歴史の中でも最高のラインバッカーの1人と言えるだろう。
永野氏は卒業後少ししてから監督に就任したのだと思うが、強いホーネッツの伝統を見事に引き継ぎ、長い間あれだけ大勢の部員たちを指導してこられたのだから大したものだ。低迷からなかなか立ち直れない私など、足元にも及ばない。

2005年、2006年のグリーンボウルなど、何度か選抜チームのコーチングスタッフとして一緒に活動したことがあるが、アメリカンフットボールに関する知識と経験、それらに基づく高い指導力を持ち、そして何より社会人として優れた人格者である。いつも若々しいが、実は私と同い年で(私が早生まれなので)学年が一つ下なだけ(だったはず?!)。東北大学出身だから当然アタマが良いし、カッコよく、スタイルもいい。
…ん?書いてて何だか落ち込んできたぞ!?

監督交代の事情など詳しいことはわからないし、他チームの内情に口を挟むつもりもさらさら無い。ただただ今は、東北リーグをリードするホーネッツの監督という激務を離れ、肩の荷が下りてホッとされているであろう永野氏に「お疲れさん」という言葉を届けたいだけである。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version