存在し続けるには

今日は多賀城キャンパスの事務系職員全体の忘年会。仙台駅近くの会場に50名ほどが集まった。

ご挨拶いただいた工学部長がこんなことを言っていた。
「変わらずに存在し続けるには、変わり続けなければならない」

よく聞く言葉だが、まさにそのとおり。
『伝統』を勘違いして、古い慣習に囚われてはならない。伝統とは、今現在が主体となって作り上げていくもの。ただ単に古いしきたりを繰り返すのが伝統ではない。古くても良い慣習は受け継いでいかねばならず、長く続いてきた慣習も時代に合わなければ断ち切らねばならない。勇気を持って正しく判断出来れば、『変わらずに存在し続ける』ことが出来るだろう。

昨日は雪もチラついて寒かったが、今日はだいぶ暖かい。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version