平成18年度納会

20061209225048仙台市中心部のホテルの一室を借りて、今シーズンを締め括る納会が行われた。
今日は楽しい記事が書けると期待していたのだが、今シーズンのKayaksを象徴するかのようなお粗末な会合になってしまった。忙しい中ご出席いただいたOB/OG会の会長や幹事長、OBの皆さんには大変申し訳なく思っている。(すみませんでした!)

言ってみれば小さな失敗なのだけれど、この1年、ずっと同じ失敗を繰り返して最後まで直すことが出来なかった。具体的には話し辛いが、例えて言えば「挨拶をちゃんとしなさい」と指導したとすると、しばらくは出来ても2~3ヶ月後にはまた出来なくなっている…みたいな感じ。
たかが挨拶、されど挨拶…!?
「オスッ!」の一言(今時「押忍」が恥ずかしいなら「こんにちは」だって良い)を言えないヤツが、自陣ゴール前のディフェンスで、死にもの狂いでタッチダウンを奪いにくる相手のギャップにペネトレート出来るか? あるいは3rdダウンロングのシチュエーションで、ここぞとばかりにパスラッシュしてくる獰猛なディフェンスラインに対し、身を呈して味方のQBを守ることが出来るか?
簡単なことすら出来ないヤツには難しいことなんか絶対に出来ないし、難しいことを成し遂げるヤツは簡単なことを決して疎かにはしない。
若い部員たちには、それをもう一度真剣に考えて欲しい。

納会が閉会して先輩方がお帰りになったあと、ホテルの方にも席を外してもらって、部員たちと20分ぐらいそんな話をした。しかし別の見方をすれば、私の指導が至らないということ。これはやはり私自身も反省しなければなるまい。

納会を終えて、新たに2007年シーズンが始まる。叱られて落ち込むのではなく、部員全員が顔を見合わせて明るく元気に「やったるで~!」と言えるような雰囲気で頑張っていきたい。

(写真は仙台駅のイルミネーション。青が綺麗です)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version