2006から2007シーズンへ

20061128224225今日は18時過ぎに仕事を終え、泉キャンパスに移動してミーティングに参加した。今シーズンの締め括りとなるミーティングだ。(見辛いだろうが、写真は泉キャンパスの正門から見たイルミネーション)

まずは、年末年始や後期試験などの行事を確認しながら、春までのスケジュールを決めていった。
グラウンドでの練習は一昨日で終わりにしたが、年内は12月16日(土)まで週2回集まってウェイトトレーニングをすることになった。その後は大学の冬休みに合わせて自主トレとし、年明けは1月6日(土)に集合する。

どこか近くにみんなで初詣に行けるところは無いか?と提案したが、キリスト教系の大学でもあるし、礼拝堂でいいか?ということになった!?

1月は16日から後期試験が始まるのでなかなか集まれないが、それでも週2回程度はみんなで集まってウェイトトレーニングを続けることになった。

2月は例年、全体練習を開始する月だ。今年もそうだったが、ほとんどの場合、2月11日に開始してきた。しかし、2007シーズンは思い切って、2月を完全自主トレ期間とした。
長い『オフ』は、部員たちの帰属意識を薄れさせ、チームに対するloyalty(忠誠心)を失わせる恐れもある。にも関わらず2月を自主トレ期間としたのは、部員たち全員が親元を離れて1人暮らしをしているからである。実家に帰れば食費や光熱費が浮くし、何よりちゃんとしたメシが食える。『ごはんにフリカケ』でバーベル挙げたって効果は上がらない。みんなで集まってトレーニングするのも大事だが、実家に帰ってうまいメシを食べ、地元の体育館で週2~3回トレーニングした方が良いことだってある。そんなことを考えて、2007シーズンは2月を完全自主トレ期間としたのだ。決して『休み』ではない

3月にはグラウンドで練習を開始する。12月からの3ヶ月間で逞しく成長した選手たちに会えるのが、今から楽しみだ。
今シーズンの締め括りとなるミーティングは、2007シーズンの開始となった。

最後に部員全員に宿題を出した。今年3月に参加したCoaching Academy Programのテキストブック、COACH'S PLAYBOOK(NFL/NFF)p.292に記載されている『選手の評価--20の質問』を参考にして作成した『自己評価シート「20の質問」』だ。土曜日に提出してもらうことになっている。
自己評価シート「20の質問」
1.今シーズン、最も気に入ったことは何か?
2.最も気に入らなかったことは何か?
3.どうして今シーズン、私たちは上手くいったのか(上手くいかなかったのか)?
4.いらなかったものは何か?
5.練習について、どう感じるか(きつすぎる、やさしすぎる、他)?
6.試合前練習について、どう感じるか?
7.ハーフタイムの過ごし方について、どう感じるか?
8.最上級生のリーダーシップはどうだったか?
9.チーム全体でトレーニングに対する約束は守られたか?
10.あなたを最も助けてくれたコーチングスタッフのしてくれたことは?
11.アドバイスを求めに気楽にコーチのもとへ行くことができたか?
12.今シーズン、最も良いインパクトを与えてくれたのは、チームの誰?
13.それは何故?
14.来シーズンの最上級生は、どのように振る舞うべきか?
15.来シーズンに向けて、あなたが個人的に持ちたい目標とは?
16.では、私たちのチームの目標とは何だと思うか?
17.チームにインパクトを与える選手になるために、オフシーズンに取り組みたいことは具体的に何か?
18.フットボール生活全体を見渡して、何か一つを変えるとすれば、それは何か?
19.勉強の進み具合はどうか?
20.卒業後のプランは?
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version