今日は元気があって良かった

20061018222825水曜は、授業の関係で練習開始後30分ぐらいは集まりが悪い。今日もパート練習が始まる頃にようやく全員が集まった。

オールメンでダミーチャージをしたが、みんな上手に当たれていた。ただ、ダミーを押し続けるうちにスタンス(足幅)が狭くなる選手もいたようだ。
そこで、1人1人タイヤ押しをさせてみた。押したタイヤがグラウンドをキレイにならし、自分の足跡がハッキリと地面に刻まれる。自分自身の目で、スタンスが狭くなる事実を知ることができるという訳だ。

自分たちのプレーぶりを撮影したビデオを見ることは、プレーを完成させる過程でとても重要なものである。自分たちの悪いところと良いところを事実として把握することによって、悪いところを直し、良いところをさらに伸ばすことが出来るからだ。

選手たちが自分自身の長所と短所を自覚できるように工夫することは、コーチにとって最も重要な役割の1つだろう。

今日はよく声が出ていたし、元気があって良い練習だった。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version