SAQセミナー最終日

テキスト表紙日本SAQ協会認定インストラクター制度の仙台セミナー4日目、最終日。
今日は朝からずっと実技! かなりハードな内容だった。

午前中は体幹(腹筋群・背筋群・股関節周辺の筋群)のトレーニングについて。
誰でも知ってる上体起こしやクランチ、背筋運動と見た目はさほど変わらないのだが、ちょっとしたテクニック(工夫)でかなり高強度のトレーニングになることを実感した。1セット僅か20回の腹筋運動が、最後まで出来ないぐらいの強度。…スゴいでしょ?!

体幹トレーニングのポイントは左右のバランス。これに気を付けてトレーニングしよう。

続いて総合演習。これまで受講してきたトレーニングの応用編といった内容だった。
まずはヒザを高く上げて走ることを意識するトレーニング。着地位置を変えずに姿勢を保つのは本当に難しかった。

次は、高強度のプライオメトリック・トレーニングとしてデプスジャンプを実践した。やはり、本を読んで知るのと実際に見てやってみるのとでは理解度が全然違う。
練習場所の問題で、デプスジャンプをKayaksの練習に取り入れることが出来るかどうかはわからないが、正しく行なえばかなり有効なトレーニングであることがよく理解できた。

午後はラダートレーニングから。クイックネスを向上させるフットワークトレーニングだ。こちらの応用編は、複雑なステップをいかに体に馴染ませるか、といった方法論から。
このセミナーは、その目的に『指導者にとって必要な、トレーニング方法およびコーチングの獲得』と明記されているとおり、常に『どうやって教えるか?』といった切り口で進められている。その方法論はSAQトレーニングだけでなく、フットボールのスキルトレーニングにも大変参考になる内容だ。

引き続きラダーを使った高強度トレーニングやアジリティドリル(スクエアアジリティ、Tドリル)、アジリティディスクやクレイジーボールを使ったトレーニングを行なって4日間のセミナーが終了した。

少しでも役立つものがあれば、と参加した日本SAQ協会認定インストラクター制度レベルⅠの仙台セミナーだったが、大変内容の濃い、有意義なセミナーだった。
あとは、Kayaksの日々の練習にいかに取り入れていくか?…だ。

それにしても今日はハードだった。もうヘトヘト…。

(ちなみに、最後に課題が与えられて、約1ヶ月後までにレポートを提出しなければならない。レポート書くなんて何10年振りだ?!)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version