SAQセミナー3日目

先週末に引き続き、日本SAQ協会認定インストラクター制度の仙台セミナーを受講した。

3日目の今日は、スピード・トレーニングから。
ミニハードルを使ってトレーニングを行なうが、これは障害物(ミニハードル)の存在によってミスをしないで走り抜けようとする作用が無意識のうちに働き、回転動作を自然に行なえるようにすることが目的であると講義で教わった。(←重要なポイント)

実技では、分習法によるトレーニングからストライドを改善する方法まで、ミニハードルを使ったいろいろなトレーニングを実践した。
Kayaksでもミニハードルを練習にほんの少し取り入れているが、よりはっきりとトレーニングの目的や注意点を知ることが出来た。特に、ミニハードルを置く間隔について知ることが出来たのは大きな収穫だ。

午後はクイックネス、素早さを向上させるトレーニングについて。
クイックネスを向上させるためには、神経-筋系回路を改善する。その方法として、ラダーを使ったフットワーク・トレーニングを行なった。

Kayaksが今春から練習に取り入れているラダートレーニングのメニューは、クレーマーの東北担当者に教えていただいたものなので、その内容とセミナーでの内容はほぼ同じものだった。(セミナー講師もクレーマーのトレーニングコーチ)
より多様なステップを教わり、またKayaksの練習で改善すべき点にも気付いたので、早速活かして修正していきたい。

今日も秋晴れのきれいな1日だったなぁ。

関連記事 ラダートレーニング(メニュー) 2005年12月16日(金)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version