いつ、誰が、何をする?

今日は練習を中止してミーティングを行った。
今、自分たちが何をすべきかを確認して、部員・スタッフ共に共通認識を持ちたかったからだ。

泉キャンパスの体育館にある研修室で、約2時間話し合った。
主将が中心になり、それを同学年の部員がサポートして進めていった。まだまだ進め方に問題はあるが、仲間同士で力を合わせ、前に進んで行こうという思いは十分に感じられた。

話し合いの結果、部員たちが授業の空き時間を利用して勧誘活動を続けることになった。
決して見通しが明るい訳では無いが、今やるべきこと、今やらねばならないことを自分たちが見つけて、自分たちで取り組もうと決めたことは、大きな前進だと言えよう。

今、自分たちがやらなければ、状況は何も改善されない。


ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version