今日も雨

今日も雨。グラウンドは使えず、昨日同様、ウェイトトレーニングとなった。
仕事を定時で切り上げて、泉キャンパスの体育館へ。雨で練習出来ないのはどの部も同じで、トレーニング室は大混雑! 空いたベンチを奪い合うような状態だった。

部員を1人つかまえて、一緒にトレーニングした。
これまで、練習メニューを与えてはいたが、ウェイトトレーニングについては細かい動作まで教えたことは殆んど無かった。一緒にやってみて、間違ったフォームで取り組んでいる場合が多くて正直驚いた。

例えば、ベンチプレス。
胸を開いてシャフトを握り、足はしっかり地に着けて踏ん張り、背中はアーチを作るのが基本だろう。ところが、ベンチに背中をベッタリ着け、胸を開かずに足をダラリとしてバーベルを挙げようとしている。
苦しい時こそ基本のフォームで『気合い』を入れなければ、挙がるモノも挙がらないし、危険ですらある。

ウェイトトレーニングのフォームなんて、昔は先輩たちが、優し~く下級生たちに教えてくれたモンだ。
もう挙がんね~…ってところから、優しい先輩に「あと2回!」と励まされて(脅されて?)歯を食いしばり、ホンのちょっと手伝ってもらいながら頑張ったのも、下級生にとってはイジメみたいなモノだったが、実は『フォースト・レプス』というトレーニング法だったりした。

部員が減って、学年がたった1人とかの年もあったし、今年は4年生と2年生はいない訳で、長い間引き継がれてきた伝統が残念だが断絶してしまうこともあるということか?

いや、そんなことは無い、はずだ。

Kayaksが培ってきた伝統やトレーニングノウハウ、プレースタイルは世代を越えて引き継がれ、決して廃れることはない。
今また一層厳しい状況に置かれようとしているが、私たちは決して諦めない。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version