OBの皆さん、お疲れさま

OB戦今日はOB戦。
たくさんのOB/OGが集まって、現役部員たちにアメリカンフットボールの楽しさと厳しさを教えてくれた。

前半は一進一退の攻防…と言いたいところだが、得点こそ無かったもののOBチームが優勢だった。
OBチームは、さすがに東北リーグの優勝争いを経験したメンバーがいただけのことはある。多少(かなり?)腹が出てきても、良く前に足が出ていた。攻守共にOBチームがLOSを押し込んでコントロールしていた。

現役たちは何と言っても経験不足!…だが、こればっかりは仕方がない。11対11の練習は5月のKayaks祭以来だ。普段は、動かないパイロンやダミーを相手に練習しているから、特に1年生にとっては何もかもが初めての経験だったのだ。

しかし、それを差し引いても元気が無い。覇気が無い。
せっかくOBたちが練習相手に来てくれたんだから、「メチャクチャやってやるぜ~!」って気持ちになるのが当然だと思うんだが…?
僅か半日の貴重な時間を、もっと貪欲に活かして欲しかった。

しかし、今のKayaksにとっては今日がスタートみたいなもの。
自分たちが今出来ること、出来ないことをしっかり把握して、今後の練習に励んで欲しい。

それほど今日は暑くはなかったが、前半を終えたところでOBが1人体調を崩し、大事をとって救急車で病院に連れて行った。
約7分ごとに水分を補給するタイムアウトをとっていたのだが、まさに『監督不行き届き』で無理をさせてしまったようだ。
軽い熱中症だったらしく、点滴をしてすぐに回復したので良かったが、監督としてもっと責任を持って管理しなければ!と深く反省している。
ご家族の方にもご心配とご迷惑をお掛けしてしまい、本当にすみませんでした。

アシスタントコーチに後半を託して救急車に同乗したのだが、逆に私がグラウンドに残るべきだったろうか? 以前はその方が多かった。と言うか、以前はコーチがいなかったから、たまたまいたOB/OGに付き添ってもらったりして、自分はグラウンドに残らざるを得なかったわけだが…。
どっちが良いのかな?

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version