チームの士気

今日も蒸し暑い中の練習となった。
よく顔を出してくれるOBも来てくれて、活気ある練習ができる…はずだったのだが、昨日の疲れか選手が全員揃わず、非常に物足りない内容になってしまった。

良いところもあった。
練習前にグラウンドに水をまいていたり、練習で使うコーンを準備していたり、まぁ、当たり前のことだが疎かになりがちなことをキチンとできていた。
しかし、出来たことより出来なかったことが多ければ、やはり良いことはない。

チームの士気に自分自身がどういう影響を及ぼすことができるのか?
自分が苦しい時は仲間も苦しいはず。声をかけあって、名前を呼び合って励ましあって、その苦しさを乗り越えてチームは強くなっていく。
チームの士気に良い影響を与える。

逆に、練習を休む、途中で抜ける、ダラダラ歩く…、それではチームに悪い影響しか与えない。士気は上がらない。

自分に厳しく、1つ1つに集中して頑張るしかない。
言葉で言うのは簡単だが、遂行するのは大変難しい。でも、それをやったチームが試合の相手なんだとしたら? オレたちも頑張らなきゃないんじゃないか?

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version